記事詳細

正恩氏との直接対話排除せず トランプ氏、前提条件に言及なし

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は6日、ワシントン近郊の大統領山荘キャンプデービッドで記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と前提条件次第では電話による直接対話に応じても構わないとの立場を示した。

 トランプ氏は「対話は良いことだと常々思っている」と述べた上で、「(北朝鮮に最大限の圧力をかける)米国の立場は非常に強固だ」と指摘。前提条件なしに対話はしないものの、「対話を行うこと自体に全く問題はない」とした。前提条件が具体的に何であるかは言及しなかった。

 トランプ氏はまた、9日に板門店で行われる韓国と北朝鮮による、平昌五輪をめぐる南北高官級会談について、「大きな出発点」であり「成功することを望む」と期待を表明。「北朝鮮の五輪参加を通じて事態の進展もあり得る」とし、今回の会談を「百パーセント支持する」と強調した。

 さらに、今回の会談を機に、北朝鮮の核・弾道ミサイル問題の解決に向けた対話の機運が浮上すれば、米国も「適切な時期」に関与していくと表明した。

 トランプ氏はその上で、トランプ政権が「ティラーソン国務長官らと一緒に、非常に平和的かつ素晴らしい解決策を見いだそうと努力している」とし、「対話を重ねていくことで何らかの成果を出せれば、全人類と世界にとって素晴らしいことだ」と述べた。

 トランプ氏は、自身が北朝鮮に対して強硬な立場を取り続けていなければ、今回の会談は実現しなかったと主張し、「その点については文在寅(ムン・ジェイン)大統領も電話会談の際、私に感謝してきた」と語った。

zakzakの最新情報を受け取ろう