記事詳細

北朝鮮、突然の「固定電話禁止令」で混乱広がる (1/2ページ)

 市外局番が「03」で始まる東京エリアの電話番号が8桁化したのは1991年のことだが、前年からテレビやラジオのCM、新聞広告、チラシなどでしつこいほどの広報が行われた。電話番号の変更は社会にえる影響がそれほど大きいということだ。

 ところが、北朝鮮では変更が実に頻繁に行われている。わかっているだけでも、この10年間で3回も変更されているが、北朝鮮当局はまたもや変更しようとしているようだ。

 平壌のデイリーNK内部情報筋によると、当局は最近、「電話番号を変更する」との理由で固定電話の使用を禁止した。あまりにも突然だったため、混乱が広がっているという。

 北朝鮮ではもともと、高級幹部を除く個人宅への固定電話の設置は認められていなかったが、平壌では1990年代末、地方では2000年代初頭から認められるようになった。2010年ごろからは、ビジネス目的で固定電話を設置する人が増えた。その理由は、携帯電話より通話料が安いからだ。

 そして利用者の増加は、番号変更で困る人が増えることを意味する。実際、固定電話ばかりを使っていた商人は、今回の電話使用禁止令にほとほと困り果てている。

 他の地域から品物を仕入れていた業者は、取引先の担当者の固定電話に連絡していたのだが、今回の措置で連絡が取れなくなり大慌てだ。そこで、友人・知人のネットワークを総動員して、なんとかして携帯電話の番号を探り出そうとしているという。

 また、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、現地の市場では、平壌郊外の平城(ピョンソン)の市場の商人と連絡がつかずに慌てている人が多いという。

 通話料の安さに惹かれて固定電話でやり取りをしていたのだが、今回の措置で連絡が取れなくなり、必要なときに商品を調達できない状況に追い込まれている。

 一部の国営企業からは、「このままでは携帯電話も使えなくなるのでないか」「わが国は他の国に比べて仕事が何でも遅いから、半年は使えないのではないか」との懸念の声が上がっている。待っていても埒が明かないため、独自の対策を進める人が多い。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース