記事詳細

南京事件80年 歴史認識で日本牽制 習氏、3年ぶり追悼式典出席

 【南京=河崎真澄、北京=桜井紀雄】中国中央テレビ(CCTV)などによると、日中戦争時の1937年に旧日本軍による南京占領で起きたとされる「南京事件」から80年となった13日、江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」で追悼式典が行われた。

 式典では兪正声・中国人民政治協商会議(政協)主席が演説し、「日本の侵略者に30万人の同胞が痛ましく殺戮(さつりく)され、無数の婦女や子供が蹂躙(じゅうりん)された」などと主張。歴史認識をめぐり日本を強く牽制(けんせい)した。

 習近平国家主席も3年ぶりに出席したが、演説は行わなかった。対日関係改善も模索する習氏が一定の対日配慮を示した形だ。兪氏は「両国は平和と友好、協力という前提の下で、人類の平和に共同で貢献すべきだ」とも付け加えた。

 南京事件の犠牲者数をめぐっては、日中で見解が大きく異なる。習指導部は追悼式典などを通じて、歴史認識で中国の主張を国際社会に浸透させる戦術だ。

 追悼式典に関し産経新聞は、規定通り中国外務省に取材の申請を行ったが、会場への立ち入りが認められる記者証の発給を拒否された。これに対し同省は、「共産党中央宣伝部の指示に従った」と回答した。

 13日に訪中した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北京での中韓経済フォーラムで演説し、南京事件から80年を迎えたことに触れ、「われわれ韓国人は、中国人が経た苦しく痛ましい事件に深い同質感を持っている」と述べ、抗日連帯意識を強調した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう