記事詳細

陛下退位日を閣議決定 政府、19年4月30日に 

 政府は8日の閣議で、天皇陛下の退位日を2019年4月30日と定める政令を決定した。翌5月1日に皇太子さまが即位し、改元される。新元号は来年半ばに公表する方針。天皇退位は1817年の光格天皇以来、約200年ぶりで、現憲法下では初めて。「昭和」を受け継いだ「平成」は31年で幕を閉じる。

 戦後の象徴天皇制は大きな節目を迎える。政府は、退位日を2019年4月30日にすべきだとの見解をまとめた今月1日の皇室会議の議事概要も公表。円滑な代替わりに向け、菅義偉官房長官を長とする準備組織を年明けに設置し、退位儀式の在り方などの検討作業を本格化させる。

 天皇陛下は退位後に「上皇」、皇后さまは「上皇后」となる。秋篠宮さまは皇位継承順1位を意味する「皇嗣」に就く。秋篠宮さまの長男悠仁さまが2位となる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう