記事詳細

富岡八幡宮で女性宮司ら3人死亡 弟が殺害、自殺か

 7日午後8時半ごろ、東京都江東区の富岡八幡宮境内付近で、宮司の富岡長子さん(58)ともう1人の女性が切り付けられて死亡した。富岡さんの弟(56)も死亡。八幡宮専属の男性運転手も切り付けられて軽傷を負った。警視庁は、(修正前:富岡さんの弟が)富岡さんの弟の茂永容疑者が長子さんと女性に切り付け、自殺を図ったとみて詳しい状況を調べている。警視庁によると、女性は30代で茂永容疑者と交際していたとみられる。

 同庁は神社内で何らかのトラブルがあったとみて、詳しい経緯を調べるとともに、身元の確認を急いでいる。事件直後「刃物を持った人がいる」と110番があった。

 警視庁によると、現場近くには血の付いたサバイバルナイフや日本刀があった。同庁が関連を調べている。警視庁は8日未明、死亡した3人は同区富岡1丁目の路上などで、それぞれ頭部や腹部などから出血し、あおむけの状態で見つかったと明らかにした。

 現場は東京メトロ東西線の門前仲町駅から東に約400メートルで、マンションや飲食店がある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう