記事詳細

「朝日新聞の購読やめた」ツイッター大反響、長崎・平戸市長を直撃 「信用が著しく落ちている」 (1/2ページ)

 朝日新聞の報道姿勢を問題視する声が、地方自治体からも上がった。長崎県平戸市の黒田成彦(なるひこ)市長が11月28日にツイッターで、同紙の「誤報」を理由に「市長室での購読打ち切り」を公表したのだ。全国から支持・賛同する意見が寄せられ、フォロワー数が急増しているという。夕刊フジでは、黒田氏を直撃した。

 「反響の大きさに驚いている。夜中でも枕元の携帯電話が、ツイッター読者からの返信を頻繁に受信し、振動音が気になって寝られないほどだ」

 黒田氏はこう語った。投稿前に2430ほどだったフォロワー数は、4日朝の時点で1万1740人超にまで増えた。「素晴らしい」「たくましすぎる」などと支持する反応が目立つ。

 黒田氏は、2009年の平戸市長選で初当選し、現在3期目。自民党の金子原二郎参院議員の秘書や、長崎県議の経験もある。

 実は、黒田氏が朝日新聞の「購読打ち切り」を決断したのは、最近の話ではないという。次のように説明した。

 「14年9月、朝日新聞の木村伊量(ただかず)社長(当時)が記者会見し、慰安婦問題や東京電力福島第1原発事故をめぐる誤報を認めて謝罪した。私は『どうしようもない新聞だ』と思い、翌10月から購読をやめてツイッターに書いたが、当時はあまり反響がなかった」

 最近、文芸評論家の小川榮太郎氏のベストセラー『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』を読んだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース