記事詳細

立民・川内議員が「森友・加計問題」で安倍首相を追及 衆院予算委 

 衆院予算委員会は28日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席し、野党各党の猛者が質問に立つ2日目の基本的質疑を開いた。立憲民主党の川内博史氏は「森友、加計学園」問題を取り上げて安倍首相を追及した。続く立民の逢坂誠二氏は「森友・加計」問題のほか、原発再稼働に関して政府の方針をただす構えだ。

 希望の党の長島昭久氏は、「核・ミサイル開発」を続ける北朝鮮問題や、安倍首相が掲げる外交戦略「自由で開かれたインド太平洋戦略」などについて見解を問う。

 希望の井出庸生氏は、自民党の竹下亘総務会長が宮中晩さん会に参加する国賓の同性パートナー出席に反対した発言を巡り外交への影響を尋ねる。

 午後には衆院会派「無所属の会」、共産党、日本維新の会の議員も質問に立つ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう