記事詳細

「上からの指示で…」 三権の長排除発言で細野氏が野田氏に「ごめんなさい」

 野田佳彦前首相は27日、自らのブログで、希望の党の細野豪志元環境相から、同党への公認申請を辞退するよう促したことについて「発言は上からの指示でやむを得ず…」などと謝罪されたことを明らかにした。1日の衆院本会議場で、細野氏が野田氏の議席まで来て頭を下げたという。

 細野氏は、衆院選で民進党が希望の党への全員合流を決めるにあたり「三権の長を経験した方は(合流を)ご遠慮いただく」と発言した。野田氏が「先に離党した人の股をくぐる気はまったくない」と反発し、無所属で出馬した経緯がある。

 野田氏は、小池氏について「『寛容な保守』という(希望の)看板は偽りであり、極めて非寛容で排除の論理を振りかざす人物だったとは…」と指摘。同時に「上からの指示を明らかにする細野氏の真意についても不可解」と記し、強い不快感をあらわにした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう