記事詳細

希望の党・玉木代表、小池色「排除」か 14日にも執行部人事

 希望の党の玉木雄一郎共同代表は10日、小池百合子代表(都知事)と都内のホテルで会談し、国民生活に密着した政策を推進すべきだとの認識で一致した。14日にも小池氏が出席する両院議員総会を開き、幹事長を含む執行部人事を決定する。ただ、安全保障や憲法改正をめぐる党内の路線対立は鮮明で、「党分裂」や「小池氏一派排除」もありそうだ。

 「ゆっくりと小池代表と話をしたのは初めて」「これから本当に協力していけるという実感を得た」「適材適所で、みなさんの力が発揮できる人事をしたい」

 玉木氏は10日夜、小池氏との会談後、記者団にこう語った。執行部人事では、党の立て直しに向け、挙党態勢の構築に全力を注ぐ考えだが、先行きは厳しい。

 共同代表選で敗れた大串博志衆院議員は、衆院選で同党が掲げた「小池路線」とは180度違う、「安全保障法制は容認しない」「憲法9条改正は不要」との主張を展開し、14票も集めた。有権者としては「裏切り」「公約詐欺」といえるが、こうした面々は「年内にも離党するのではないか」(関係者)との見方がある。

 玉木氏を推した勢力も一枚岩ではない。

 衆院選惨敗で小池氏の影響力は弱まっているうえ、細野豪志元環境相ら結党メンバーと、民進党からの合流組との対立の火種はくすぶっている。最大支持組織「連合」も、結党メンバーの執行部起用に強い難色を示しているという。

 玉木氏周辺が党の実権を握れば、目の上のたんこぶである「小池一派の排除」もありそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう