記事詳細

韓国、米大統領訪韓を前にドタバタ… 指揮権移管に固執、米中の間で落ち着けず (1/2ページ)

 【ソウル=名村隆寛】トランプ米大統領の訪韓を来月7日に控え、韓国が慌ただしい。10月28日にソウルで開かれた米韓定例安保協議(SCM)では、北朝鮮に対する防衛協力の方針を確認したばかり。一方で、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の首席代表を中国に派遣し、問題の平和的解決に向け話し合うという。

 マティス米国防長官と宋永武(ソン・ヨンム)国防相が出席したSCMで韓国側が注目したのは、有事作戦統制権(指揮権)を米軍主導の米韓連合軍から韓国軍に移管する計画だった。移管される場合、米韓連合軍司令部に代わり「未来連合軍司令部」が創設される。また、有事に米軍が司令官を、韓国軍が副司令官を務める現行の体制は、米韓が逆になる。

 今回この案の承認は保留となった。来年のSCMまでに「発展させることで合意」(共同声明)するにとどまった。作戦統制権の移管は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時、2012年4月で米韓が合意したが、李明博(イ・ミョンバク)政権で15年12月に延期、朴槿恵(パク・クネ)政権では無期限の再延期となった。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は任期中(22年まで)の早期移管を目指している。韓国では「次回SCMの来年10月までに計画が作成されれば、早期移管に向けた案が本格的に推進されるとみられる」(ハンギョレ紙)と楽観的な展望が少なくない。ただ、状況がそれを許さない。北朝鮮の核・ミサイルの脅威が過去最高の水準となる中、韓国軍に任せるのは時期尚早という意見もあり、米国側を中心に移管への慎重論は根強い。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう