記事詳細

性的暴行「やりたい放題」の北朝鮮の役職…金正恩氏の叱責もどこ吹く風 (1/2ページ)

 北朝鮮の金正恩党委員長は2016年12月23日、朝鮮労働党の「第1回全党初級党委員長大会」で開会の辞を述べ、次のように指摘した。

 「初級党組織に内在している欠陥、初級党委員長の役割と活動作風に関する問題を批判的に深く分析、総括し、(中略)すべての参加者が党的良心を持って自身を振り返り、欠陥を大胆に是正するために努める」

 ■いたる所で

 初級党組織とは、地域や各種団体の末端組織、国営企業の職場に置かれた、末端に近い党組織である。その責任者である委員長たちは、欠陥だらけで良心に欠けている。何とかしなければならない--正恩氏は、このように言って末端幹部たちを叱責したわけである。

 では、初級党委員長たちの欠陥とは何で、どのように良心に欠けているのだろうか。その具体的な事例について、咸鏡北道(ハムギョンブクト)に住む内部情報筋の安さんからデイリーNKに告発が届いた。

 安さんが告発したのは、同道の会寧(フェリョン)市にある某工場の初級党委員長、イ・ギョンソプという男である。安さんによれば、イ委員長は職権を乱用し、工場の女性職員たちに性的暴行を繰り返しているという。

 イ委員長の餌食になっているのは、主に電話交換手の女性たちだという。北朝鮮の職場では、初級党委員長の裁可なしには人事は実行できない。つまり、誰をどの職場に配置するかは、初級党委員長の思うがままというわけだ。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース