記事詳細

幸福実現党・釈氏「北の核に真正面から立ち向かう」 核を持つという選択肢にも言及

 衆院選東京比例区に立候補した幸福実現党の釈量子党首は10日、JR品川駅高輪口前で第一声を挙げた。

 この選挙で幸福実現党が掲げた公約は次の2点、(1)自分の国は、自分で守ろう!(2)減税こそ、最大の福祉 下げよう!消費税5%。釈党首は「北朝鮮の核に真正面から向き合って政策をつくりました。シェルターの設置、非核三原則の撤廃、また核を持つという選択肢だってこの日本、本気で考えなくてはなりません」と主張。また「消費税10%にあげて教育無償化に使うと言っていますが、増税してばらまきますと言っているのと同じじゃないでしょうか。方向は無償化ではなく自由化です」と訴えていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう