記事詳細

【激闘10・22衆院選】山尾氏「どうか力を貸してください」 不倫イメージ…女性票つなぎ止められるか

 衆院選が10日公示され、各候補は地元で選挙戦をスタート。無所属や新党での出馬を余儀なくされた人、疑惑追及がブーメランとなった人など、それぞれの事情を抱えながら、12日間の選挙戦で支持を訴える。

 妻子ある男性弁護士との「禁断愛」が報じられ、民進党を離党、無所属で選挙戦に臨んだ山尾志桜里氏(43)=愛知7区=は午前10時から尾張旭市の選挙事務所で出陣式に臨み、「どうか力を貸してください」と支援を訴えた。

 山尾氏は支援者や有権者に「このまま幕引きはできない。政治家として社会に果たせる役割がまだあるという思いで戦いたい」と決意を述べた。

 弁護士とのW不倫疑惑が浮上してから初めて地元に戻った際は、支持者から「信用できない!」などと辛辣(しんらつ)な言葉も飛んだが、頭を下げ続けるうちに会合にも人が集まるようになってきた。山尾氏は「やっぱり、歩けば歩くだけ…」と一定の手応えは感じているようだ。

 街頭演説に加え、連日動画サイトで不倫疑惑についての釈明や自身の政策を訴えたが、「待機児童問題などに取り組んでいただけに、不倫となると余計にイメージに落差を感じる」と話す有権者がいるのも事実だ。

 また、無所属は選挙運動に制約があるうえ、比例復活もない。連合愛知が支援を見送るなかで、不倫に嫌悪感を示す女性票をつなぎ止められるかがカギとなりそうだ。

 前回、山尾氏に5000票差で敗れた自民党の前職、鈴木淳司氏(59)との一騎打ち。鈴木氏は「経済を循環させ、地域を全力で発展させる」と必勝を誓った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース