記事詳細

【激闘10・22衆院選】下村氏、都議選の汚名返上へ 「希望の党」刺客返り討ちなるか

 安倍首相の側近として知られる元文科相の下村博文氏(63)=東京11区=は10日午前10時、東京都板橋区の事務所で第一声を行った。7月の東京都議選に自民党都連会長として臨んだが、大惨敗の“戦犯”の一人となり、責任を取って会長を辞任した。地元・板橋選挙区でも元秘書の前都議2人が落選。一方、小池都知事率いる「都民ファーストの会」から出馬した元秘書が当選するという皮肉な結果を招いた。

 強固な後援会組織をバックに当選を重ねてきた下村氏に、希望の党は「刺客」を擁立。都議選の汚名返上を図りたい下村氏だが、世論の風次第では、苦戦を免れない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース