記事詳細

豊田真由子氏、支持者離れ深刻で絶体絶命 “このハゲ!”人気で聴衆殺到も…関係者「支持者のほとんど見放している」 (1/2ページ)

 【センセイたちの憂うつ 2017総選挙】

 「ハゲだ!」「あっ! ハゲだ!」。衆院解散後初の休日となった9月30日、東武東上線朝霞台駅前(埼玉県朝霞市)で、女子高生たちが、ある人物を指さし、はやし立てていた。

 その先にいたのは、頭髪の薄い男性ではない。元秘書に対する「このハゲーーー!」発言で批判を浴びた豊田真由子氏(42)=埼玉4区=だ。

 「この度は大変なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。死んだ方がましだと思う日々を過ごしておりますが、逃げるのではなく、直接こうしておわびするのが筋ではないかと思い、参上致した次第です」

 テレビで連日報じられた元秘書への金切り声は鳴りをひそめ、神妙な声で謝罪を繰り返す豊田氏。演説の冒頭と終了時には深々と頭を下げた。

 7月に行われた東京都議選で自民党が大敗した一因とされるほど、“暴言事件”の影響は大きかった。

 だが、この日の演説では、意外な反応も。聴いていた約30人のうち、20人ほどが豊田氏との記念撮影を希望したのだ。女子高生から30~40代とみられるサラリーマン、老婦人と年齢層も幅広い。号泣寸前の謝罪あいさつから一転、スマートフォンに向かって笑顔もこぼれた。もっとも、純粋な気持ちで応援しているのか、「このハゲ!」で世間を騒がせた本人と写真を撮ってみたいという興味本位なのか、傍目には判断がつかなかった。

 演説終了後、逃げるように車へと向かった豊田氏を追いかけ直撃した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース