記事詳細

【ここがヘンだよ!日本】いつまで続く「絶望」の都政 職員評価は46・6点もワイドショーは小池劇場の虜… (1/2ページ)

★(4)

 小池百合子都知事が誕生した昨年7月31日の都知事選から1年以上が経過した。

 この間、都政には、築地中央卸売市場の豊洲への移転騒ぎ、東京五輪をめぐる予算削減や会場見直し騒動、都議会における都民ファーストの会の躍進など、さまざまな騒動や変化があった。こうした激動の1年を経て、都政をどう評価するか、と東京都職員に問うた都政新報社のアンケートの結果が衝撃的で、一部で話題になっている。

 まず小池都政全般に対する職員の評価は100点満点中46・6点と、舛添要一前都知事時代1年目の63・6点、石原慎太郎知事時代1年目の71・1点と比べて著しく低い水準になっている。

 外から見て華々しいように見える小池都政も、「大山鳴動してネズミ一匹」で、実務的にはほとんど成果が上がっていないのだ。

 豊洲の地下水問題は、「食の安全」と何も関係ない空騒ぎにすぎなかったことが判明した。むしろ、移転延期に伴う数百億円規模の追加費用が無為に発生し、400億円といわれた五輪経費削減も、まやかしにすぎなかったことが都議会で指摘され、また地方開催にも失敗している。

 小池氏が強調する「情報公開」の観点でも、極端に外部顧問を重用する側近政治が展開され、議事録さえ残らない。密室で意思決定がなされており、これを94・4%の職員が問題視している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう