記事詳細

【激闘10・22衆院選】小池氏、水面下で石破氏に離党打診か 永田町関係者「首相候補として衆院選を戦えればいい」 (1/3ページ)

 民進党の前原誠司代表は5日午後、希望の党代表の小池百合子都知事と、東京・西新宿のホテルで会談。衆院選(10日公示-22日投開票)対応をめぐって協議。新党の失速感を打破するため、小池氏に衆院選出馬を要請した。希望の党の経済政策が「ユリノミクス」と命名されたことも分かった。一方、永田町では、野党陣営が、非自民連立政権を見据えて、自民党の石破茂元幹事長に水面下で接近しているという情報もある。北朝鮮情勢の緊迫を受けて、安倍晋三首相は4日夜、ドナルド・トランプ米大統領との電話会談で日米の結束を確認した。「出馬=都政投げ出し」批判が高まるなか、小池氏は最終決断をどう下すのか。

 「私は出馬しません。総選挙ですよね? しません」

 小池氏は5日朝、記者団にこう明言したが、野党陣営には、小池氏出馬への期待感がまだある。

 前原氏は4日、記者団の取材や産経新聞のインタビューで、小池氏の不出馬方針について「首相候補がいない政権選択の選挙はない」「今はそうおっしゃっても、高度な政治判断が行われると思う」といい、5日の直接会談で、小池氏を説得したが、首を縦に振らなかった。

 注目の会談では、希望の党の公約や、第3次公認候補の選定、選挙戦略に関しても協議する。公約や経済政策は、小池氏が近く正式発表する。

 ただ、希望の党には失速感が漂う。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース