記事詳細

安倍氏が自民引き締め、野党分裂にも「まだ逆風だ」 希望の党などを牽制

 自民党は、希望の党や立憲民主党など野党が乱立するなか、「自民党批判票が分散されれば有利に働く」との見方がある一方、「まだ逆風だ。比例票が野党に流れる」という分析もあり、引き締めを図っている。

 「愚直に政策を訴えて気を引き締めて戦おう」

 安倍晋三首相(自民党総裁)3日、党本部で開かれた選挙対策会合で、党幹部にこう指示した。

 名指しは避けたが、希望の党などを牽制(けんせい)する。

 安倍首相は同日、栃木県さくら市で街頭演説に臨み、「ブームからは何も生まれない」と強調した。菅義偉官房長官も同日の記者会見で「政党は具体的政策をどう実現していくかだ。国民は今までもいくつかの政党ができては消えていったのを見ている」と批判した。

 河野太郎外相は同日の記者会見で、枝野幸男元官房長官が設立した立憲民主党について、「民進党で9月末まで安全保障法制に反対し、希望の党の公認を取るために『賛成』とおっしゃり、希望の党の公認を得られなかった方は、それじゃあ安保法制に賛成なのか反対なのか、非常に大きな疑問だ」と批判した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース