記事詳細

経済制裁が北朝鮮の国民生活を直撃…「核開発は不愉快」庶民感情が悪化 (1/3ページ)

 国際社会の制裁が、北朝鮮庶民の生活を直撃している。それに伴い、核兵器開発に対する庶民の見方も厳しくなっているようだ。

 今月初めから、平壌を中心に北朝鮮国内のガソリン価格が急騰している。

 国連安全保障理事会が対北朝鮮制裁決議2371号を採択したのは先月5日。それから3週間ほどは物価がむしろ下がるなど大きな動揺はなかったが、6回目の核実験を強行した今月3日から一部地域でこのような動きが現れている。

 複数のデイリーNK内部情報筋によると、平壌におけるガソリン1キロ(1.34リットル)の価格の推移は次のとおりだ。

 ◇8月初旬=1万5100北朝鮮ウォン(約196円)
 ◇8月4週=1万2800北朝鮮ウォン(約166円)
 ◇8月5週=1万4100北朝鮮ウォン(約183円)
 ◇9月初め=1万8000北朝鮮ウォン(約234円)
 ◇9月7日=2万3000北朝鮮ウォン(約299円)

 ガソリン価格は、当局が販売制限を始めた4月19日まで、1キロ8350北朝鮮ウォン(約109円)だった。この5ヶ月で3倍近くも高騰した計算になる。

 ちなみに、中国のガソリン価格(1リットル)は地域差があるが、概ね6元(約100円)代前半、北朝鮮同様にガソリンを海外からの輸入に頼っている韓国では1500ウォン(約143円)前後だ。(9月11日現在)

 平壌のデイリーNK内部情報筋によると、ガソリン価格の高騰で通りからオートバイが姿を消した。タクシーも半分以上が運行できなくなり、道が空いている。

 オートバイもタクシーも、人や物を運んで利益を得ているが、運行できなくなることは収入が途絶えることを意味する。また、洗車場や中古車販売業などの関連業種もダメージを避けられないだろう。

 (参考記事:「美女洗車サービス」も登場した北朝鮮ニュービジネス

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース