記事詳細

悪質!内々定取り消す目的で企業側と連絡 教え子の就活妨害、学芸大教授を解雇

 東京学芸大(東京都小金井市)は12日、就職活動を妨害するなど、指導していた複数の学生にアカデミックハラスメント行為を繰り返したとして、50代の男性教授を8月30日付で諭旨解雇処分にしたと発表した。大学の調査に教授は事実関係をおおむね認めているが、一部は「ハラスメントではない」と説明。今月11日付で辞職した。

 学生らが大学側に相談して発覚。行為が原因で一部の学生が精神疾患を発症し、現在も働くことが困難な状況という。学芸大は「教育学に携わる大学として極めて遺憾。学生に心からおわびしたい」としている。

 学芸大によると、アカハラ行為は2014年3~10月。インターンシップの打ち合わせが始まる直前に、研究を優先するためキャンセルするように求める内容のメールを送付したり、学生の内々定を取り消す目的で企業側と連絡を取ろうとしたりした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう