記事詳細

夜道で迷子になりぐるぐる回る金正恩氏の「ポンコツ軍隊」 (2/2ページ)

 兵士たちにとって問題だったのは、ナイトゴーグルはおろかフラッシュライト(懐中電灯)すらろくに支給されなかったことだ。そのため、部隊の先頭に最も方向感覚の優れた兵士を立て、地形を頼りに行軍するのだが、そんな動物的な挑戦がそうそう上手く行くはずもない。 一度方向がわからなくなると、自分たちがどこへ向かっているのかまるでわからなくなってしまう。同じところをぐるぐる回り、スタート地点に戻ってしまうことさえあるという。

 そのような状態で、まともに戦争などできるはずもないのだ。

 しかし、だからと言って北朝鮮が危険ではないと考えるのは間違いだ。自国の軍隊のポンコツぶりについて、最もよくわかっているのは恐らく金正恩氏だろう。

 だからこそ、金正恩氏は核兵器開発を急ぐのであり、彼にとって戦争とはイコール「核戦争」なのである。

 (参考記事:米軍でも韓国軍でもない、北朝鮮軍を敗北させる「本当の敵」の正体

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース