記事詳細

山口組弘道会会長ら逮捕 飲食店からあいさつ料容疑に「知らない。納得できない」

 名古屋市内の飲食店からあいさつ料を受け取ったとして、愛知県警捜査4課は11日、県暴力団排除条例違反の疑いで、指定暴力団山口組弘道会会長、竹内照明容疑者(57)=名古屋市緑区=ら計6人を逮捕した。県警によると、「知らない。納得できない」と容疑を否認している。他に逮捕されたのは、弘道会系組長小川明広容疑者(52)=同市千種区=や同石原道明容疑者(51)=同市南区=ら。

 逮捕容疑は昨年12月~今年4月、共謀して同条例が暴力団排除特別区域に指定する名古屋市中区錦3丁目の風俗店の実質経営者ら2人から、3回にわたってあいさつ料として現金計58万円を受け取った疑い。

 同条例は県内3カ所を特別区域に指定し、暴力団が区域内の飲食店や風俗店などから、あいさつ料や用心棒代などを受け取ることを規制している。名古屋市内の特別区域には対象店舗が約5100店ある。こうした金が名古屋市に本部を置く弘道会の資金源となっており、県警は取り締まりを強化している。

 弘道会は山口組の2次団体で、篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体。竹内容疑者は2013年に弘道会3代目会長、15年に山口組若頭補佐にそれぞれ就任している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう