記事詳細

【永田町美人秘書】B候補「復活当選」の夢は遠く… 毎朝、駅立ちも政策語らずあいさつのみ

 衆院選が近いのか、事務所にAさんがやってきた。以前、B候補の選挙の手伝いをやっていた人物だ。B候補が当選したら秘書になると聞いたけど、その可能性は?

 「ない! だって、あの人はろくに政治活動をしていないから」

 Bさんは毎朝、駅立ちをしているはずだが?

 「『おはようございます』とあいさつするだけ。政策を語らない」

 他の場所で語っているのでは?

 「いや、昼間は自宅で寝ている。夜は外に飲みに行っている」

 どうやって生活しているの?

 「コンビニが入っているマンションを相続した。ただ、そのうち食いつぶすと思う」

 なぜ?

 「契約更新時にコンビニが家賃の値下げを求めてきた。当初は『まけない』と言っていたのに、あっさり値下げした」

 何か言われたの?

 「『値下げしないなら出ていく』って」

 それでBさんは?

 「多分泣いている」

 そんなBさんの夢は努力しないで復活当選することらしい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう