記事詳細

【スクープ最前線】北「水爆」狂行で“第2次朝鮮戦争”勃発危機 米軍が佐世保に「強襲揚陸艦」急派、北は潜入工作員に「秘密命令」か (1/3ページ)

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、世界の平和と安定を根底から覆そうとしている。「6回目の核実験」を強行し、ICBM(大陸間弾道ミサイル)用の水爆実験に「完全成功した」と発表したのだ。常軌を逸した暴挙に、ドナルド・トランプ米大統領は、北朝鮮と取引を続ける「すべての国との貿易停止」を検討していると表明し、中国とロシアを強く牽制(けんせい)した。軍事オプションも検討中で、他国への軍事展開能力で突出する超大型強襲揚陸艦「ワスプ」を佐世保基地(長崎県)に急派させている。ジャーナリストの加賀孝英氏と夕刊フジ取材班が最新情報を報告する。

 「北朝鮮が核実験を行った。米国にとって非常に敵対的で危険だ」「北朝鮮はならず者国家だ」「(韓国の)連中に言った通り、北朝鮮との融和的な対話は役に立たない」「米国は北朝鮮と取引する、あらゆる国との貿易停止を検討している」

 トランプ氏は3日、北朝鮮の許しがたい核実験を受け、こう連続してツイートした。行間から激しい怒りが爆発していた。「貿易停止」は、中国やロシアを念頭に置いたものとみられる。

 安倍晋三首相はこの日、報道各社のインタビューに4度応じた。国家安全保障会議(NSC)の閣僚会合などを受け、「国際社会の度重なる警告を無視した。断じて容認できない」「世界の平和を脅かす行為だ」「国際社会と連携し断固たる対応を取っていく」と記者団に語った。

 国連安全保障理事会は4日午前(日本時間同日夜)、北朝鮮による軍事挑発を封じるため緊急会合を開催する。

 北朝鮮は3日午後0時29分ごろ、北東部豊渓里(プンゲリ)で核実験を強行した。マグニチュード(M)6・1の地震波が観測された。

 同国国営「中央テレビ」は同日午後、重大放送として「ICBM搭載のための、水爆実験に成功した」「前例のないほど強力な爆弾だ」と発表した。正恩氏が「核実験の命令書」に署名する映像まで流した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう