記事詳細

【トニー・マラーノ 痛快!テキサス親父】「実績」から目を背ける日米フェイク・ニュースメディアはおかしいぜ! (1/2ページ)

 ハ~イ! みなさん。

 米国のフェイク・ニュースメディアは、相変わらず「ドナルド・トランプ大統領たたき」に明け暮れているぜ。ただ、トランプ氏は「一歩も引かない」と、完全対決する姿勢を見せている。俺の知る限り、ここまでメディアと対立した大統領は過去にいなかったと思うな。

 日本でも、一部の野党とメディアが「安倍晋三首相たたき」で大騒ぎしているようだな。朝鮮半島が一触即発なのに、「安全保障より大切なのか?」と、一度冷静に考えるべきだと思うぜ。

 トランプ氏は就任7カ月で、建国以来「初」のことを成し遂げた。

 ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は7日、2万2118・42ドルと終値の過去最高値を更新したんだ。オバマ政権末期の昨年11月は1万7000ドル台だったから、その違いは明らかだ。トランプ氏が選挙で勝ってから、ほぼ右肩上がりといえる。

 現時点で、40万人の新規雇用を創出し、海外に出ていた米国企業も、次々に米国に戻ってきている。こうしたトランプ氏に関するいいニュースは、米メディアの多くが報じないけどな。

 トランプ氏は15日、新たな「大統領令」に署名した。道路や橋など、老朽化したインフラ建設計画の承認手続きを迅速化するものだ。

 ニューヨークのエンパイア・ステートビルは1929年3月に建設が始まり、31年4月に竣工(しゅんこう)した。だが、現在、このような超高層ビルを建てようとすると、許認可だけで10年以上かかるらしい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう