記事詳細

藤井四段「公式戦で羽生三冠と対戦したい」 高校進学へは迷いみせる

 将棋界最多の公式戦29連勝の新記録を打ち立てた中学生棋士、藤井聡太四段(15)が、産経新聞のインタビューに応じ、羽生善治三冠(46)と「公式戦で勝ち上がって対戦したい」と意気込みを示した。一方で高校進学への迷いも口にした。

 「子供の頃は谷川(浩司)先生の『光速の寄せ』に憧れました」という藤井四段は、今後対局したい棋士として羽生三冠の名前を挙げた。羽生三冠側も「ひのき舞台で顔を合わせる日を楽しみにしている」とコメントを出していることについて藤井四段は「私の頑張りにかかっているということなので」と応じた。

 学校で好きな教科は「数学と地理。数学は理論的に答えが一つに定まるので、そこは自分に合っていると思います」とする一方、高校進学については、「本当にまだ決まってないです。高校に行くとなると時間的な制約があるので、そのあたりがどうか…」と答えが出ていないようだった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース