記事詳細

加計問題清算で電撃「衆院解散」が浮上 内閣改造後、秋の臨時国会冒頭で? 支持は第2次安倍内閣発足で最低に (1/3ページ)

 安倍晋三首相が局面打開のため、「衆院解散」を断行するとの観測が出始めた。安倍首相は24、25両日、衆参予算委員会の閉会中審査に出席し、「加計学園」問題の疑惑払拭に努めたが、議論は平行線をたどった感がある。安倍首相は来月3日に内閣改造・自民党役員人事を断行する。緊迫する東アジア情勢に対応し、悲願の憲法改正を完遂するためにも、新内閣で大胆な経済財政政策や外交政策を打ち出した後、9月にも予定される臨時国会冒頭あたりで起死回生の一手に打って出るのか。

 「(加計側に便宜を図るよう指示したことは)まったくない」「『李下に冠を正さず』という言葉がある。私の友人が関わることだから、疑惑の目が向けられるのはもっともなことだ。常に国民目線に立ち、丁寧なうえにも丁寧に説明を続けたい」

 安倍首相は24日、衆院の閉会中審査で、こう語った。25日も参院の閉会中審査に出席。これまで首相は、野党の質問に怒りをあらわにすることもあったが、今回は感情を抑えながら野党の質問に答えた。

 だが、永田町関係者は「安倍首相が『身の潔白』を完全に証明できたわけではない。野党も首相に致命傷を与えられなかった。現状は大きく変わらず、メディアの厳しい報道は続いている」と指摘した。

 確かに、長年の友人が理事長を務める「加計学園」の獣医学部新設計画を把握したのが「今年1月時点だった」とする安倍首相の答弁には、野党が猛反発している。理事長とは会食やゴルフを繰り返していたため、疑問は当然といえる。

 一方、前川喜平前文科事務次官の証言には不可解な点が多々あった。前川氏と、和泉洋人首相補佐官の主張も真っ向から対立したままだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース