記事詳細

お盆の高速渋滞ピーク、下りは「山の日」に

 高速道路各社は14日、お盆期間(8月5~16日)の渋滞予測を発表した。ピークは下りが祝日「山の日」の11日、上りが14日となる見込み。例年下りのピークは13日になることが多いが、昨年から祝日「山の日」となった11日が、今年は金曜日になったこともあり利用が集中するとみられる。

 期間中10キロ以上の渋滞は512回と予測。45キロに達する渋滞は、下りでは中央自動車道・相模湖インターチェンジ(神奈川)付近で5、11、12日の朝、東北自動車道・矢板北パーキングエリア(栃木)付近で11日朝、上りでは関越自動車道・高坂サービスエリア(埼玉)付近で14日夕にそれぞれ発生する見通し。

 昨年、10キロ以上の渋滞は事故によるものを含め495回に及んだ。最も長かったのは、東名高速道路上りの大和トンネル(神奈川)付近で8月14日夕に発生した57キロだった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう