記事詳細

公明・山口代表、共産党批判全開「創価学会についてうそ言いふらす」

 公明党の山口那津男代表は6日昼、那覇市内で街頭演説し、同党支持母体の創価学会に言及して共産党への批判を繰り広げた。那覇市議選(9日投開票)に出馬している同党公認7候補者の応援のためにマイクを握った。

 このなかで山口氏は、「テロ等準備罪」の新設を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法に触れ「共産党は『共謀罪』などとありもしない名前を勝手に付け、『創価学会の懇談会に参加すると気を付けないと逮捕される』といううそ、でたらめをばらまいている。まったくのうそ100パーセントだ」と声を張り上げた。

 そのうえで、テロ等準備罪の適用対象が組織的犯罪集団に限定されていることを指摘し「創価学会が組織的犯罪集団になるはずがない。(創価学会の懇談会に参加しても)逮捕される可能性はまったくのゼロだ。にもかかわらず、うそを言いふらす共産党を断じて那覇市議選で勝たせてはならない」と訴えた。

 さらに「(共産党は)創価学会の皆さんが、(沖縄県名護市辺野古への新基地建設に反対する)『オール沖縄』の活動に加われば心の痛みが直る、とまで言っている。憲法で保障された信教の自由を脅かす危険な発言だ。信教の自由を脅かす人に権力を担う資格はない」と切り捨てた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう