記事詳細

北朝鮮「指導者の肖像画」を守って死んだ人々にあり得ない仕打ち (1/2ページ)

 朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は5月12日、南浦(ナムポ)有色金属圧延工場の初級党委員会の副委員長だったチェ・ギヒョンさんを偲ぶ記事を掲載した。チェさんは持病を抱えつつも、休日返上で建設現場に通い熱心に働いていたが、ついには激しく吐血し、亡くなってしまった。

 日本ならば、ブラック企業の労災死亡事故か過労死事件として社会からの激しい批判を巻き起こしそうな話だが、北朝鮮では美談として取り上げられるのだ。もっとも、かの国の建設現場では一度に数十人から数百人が死亡する事故が多発しているぐらいだから、一労働者の過労死が問題化する余地などないのだ。

 (参考記事:北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

 そして時に、こうした過労死には次のようなエピソードが添えられる。

 前述した記事によると、チェさんは生前、工場内に掲げられた故金日成主席と故金正日総書記の肖像画の額縁を金属製から木製に変えることを提案した。額縁の材料に、湿気に強い高価なシナノキを使おうと熱く語る彼の姿にほだされた従業員たちは、遠く離れた慈江道(チャガンド)から材料を取り寄せることにした。かくして、工場内のすべての肖像画の額縁はすべてシナノキの額縁に収まった。

 企業の業績や、従業員の福利厚生や安全管理には全く役に立たない肖像画に、多額の予算を注ぎ込むことが、北朝鮮では美談として扱われるのだ。ましてや命を投げ出して肖像画を守った人は、英雄として祭り上げられたりもする。

 しかし実のところ、当局はそのようにして亡くなった人に何ら特別な配慮を行わないという。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース