記事詳細

小池氏が築地業者に陳謝へ 「決められない都知事」批判一蹴、都議選告示前に移転可否判断か

 東京都の小池百合子知事が週明けにも、築地市場の豊洲新市場への移転可否について、最終的な判断を明らかにする見通しとなった。小池氏は17日にも築地市場を訪れ、市場業者に陳謝する意向を示したためだ。その後、最終判断を示して移転問題を決着させ、自民党による「決められない都知事」批判を一蹴し、23日告示の都議選に挑むようだ。

 「約束が守られていないとお怒りの方もいるし、早く(豊洲へ)移ろうという人たちもいる。直接会って現場の方に謝るのが筋だ」

 小池氏は15日、都庁で開かれた「市場のあり方戦略本部」の会合でこう語り、豊洲新市場の地下水などの有害物質を環境基準値以下にする「無害化」の約束が達成できていない現状を市場業者に陳謝する意向を示した。

 関係者によると、戦略本部は16日に開く会合で、豊洲は無害化されていないが環境の安全性は確保できており、今後も地下水管理システムなどで監視を続ける-と総括する。

 16日の会合では、豊洲の抱える土壌汚染などの課題への対応を話し合う。専門家会議で示された、地下空間の床を補強して有害物質が入り込むのを防ぐ対策は、費用や工期の面から高価な特殊シートではなく、コンクリートで覆う案を有力視する見通しだ。

 戦略本部は15日、豊洲へ移転した場合、「築地の土地を長期貸し出す案」と、「売却する案」の収支見通しを公表した。試算では、民間に年間160億円程度で50年間貸した場合、豊洲の赤字を穴埋めして黒字基調で推移するとしている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース