記事詳細

「性拷問を受けた」との主張も…北朝鮮が拘束の外国人 (1/2ページ)

 北朝鮮当局に昨年身柄を拘束され、今週になり昏睡状態で釈放された米国人学生オットー・ウォームビア氏(22)の治療チームが15日に記者会見し、同氏が昨年3月の判決直後に昏睡状態に陥ったのは「ボツリヌス中毒症のため」とした北朝鮮側の主張を事実上、否定した。

 治療チームによれば、同氏にはボツリヌス中毒症の形跡は見られないという。また、脳に広範囲にわたる損傷がみられるものの、その原因はまだ不明のままだと発表した。

 「ビデオ撮られた」

 北朝鮮を観光中に拘束されたウォームビア氏は、ホテルから政治スローガンの書かれた掲示物を盗んだことが「反共和国敵対行為」に当たるとされ、昨年3月の裁判で15年の労働教化刑(懲役)を言い渡されていた。

 同氏に対する北朝鮮側の扱いについて言えば、そもそもこうした容疑の「筋立て」自体があり得ないものだ。同氏は昨年2月29日、北朝鮮当局が開かせた記者会見で次のように「告白」していた。

 「(米国の教会関係者が)わたしに、北朝鮮の重要な政治スローガンを一つ取って来れば、それを自分の教会堂に『戦利品』として掛けておくと言った。 スローガンをなくして北朝鮮の人々の団結と情熱を弱化させ、西側によってこの国が侮辱されるのを見せつけなければならないとした。 成功すれば1万ドルの中古乗用車1台を与えると言った。 捕まって帰れない場合、教会がわたしの母に慈善形式で20万ドルを与えるとした」(朝鮮中央通信)

 世の中には物好きが多いとは言え、北朝鮮のポスター1枚に1万ドルだとか20万ドルだとかの値を付けるなど、ちょっと考えられない。また米国人が、ポスターをはぎ取ったらそれで「北朝鮮の人々の団結と情熱を弱化させ」られると想像するなど、いっそうありそうもないことだ。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース