記事詳細

韓国の反日組織直撃「ソウルに徴用工像建てる、デモも辞さぬ」 (1/2ページ)

 慰安婦像問題に続いて、日韓外交の焦点となりそうなのが、「徴用工像」である。ソウルの日本大使館前への設置計画が取り沙汰され、両国の外交関係者に緊張を走らせている。ジャーナリスト・竹中明洋氏が当事者に話を訊いた。

* * *

 「大統領選挙で我々の団体は徹底的に文在寅氏を支持しました。新政権はきっと我々のために積極的に動いてくれるでしょう」

 ソウル市内の事務所で、自信あり気に述べるのは、日本の植民地時代に強制徴用され日本企業で働かされたとする労働者ら、つまり日本側で言うところの徴用工やその遺族らがつくる団体「対日抗争期強制動員被害者連合会(以下、連合会)」の張徳煥(チャンドクファン)事務総長だ。

 連合会は、大統領選のさなかの4月28日に韓国の国会内で記者会見を開き、文在寅氏への支持を表明するとともに、8月の光復節に向けてこんな計画を明らかにした。

 「ソウルの日本大使館前と、釜山の日本総領事館前、そして光州駅前の3か所に強制徴用された労働者の像を設置する」

 徴用工像をめぐっては、本誌・SAPIOの5月号で報じたとおり、韓国の労働組合が中心となりソウルの龍山駅前などに設置しようという動きが進む。それと並行して、この団体も設置を目指すという。

 事務所に入ってすぐに目に止まったのは、連合会幹部らが大統領の文氏と並んで立つ写真。今年3月末に国会内で撮影したものだという。文氏と連合会の関係について尋ねたところ、返ってきたのが冒頭の発言だ。張氏はさらに続ける。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース