記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】「旧悪」朴氏追放もますます傲慢になる大統領側近 文氏が「庶民の顔」つくろうとも迫り来る「新悪」 (1/2ページ)

 韓国とは「地位が上の者は絶対」という日常的統治文化によって、企業も政府も、そして一般国民の生活も動いている国だ。従って、「地位が高い者」は自然と傲慢になる。それは左翼の政治家でも同様だ。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領はいま必死に「庶民の顔」をつくり、マスコミのご祝儀記事になっている。彼はマスコミが見ているところでは「庶民の顔」をつくり続けなくてはなるまいが、側近たちはそうではない。彼らは「しがない野党議員」の時代から、十二分に傲慢だった。「権力に近い与党議員」に変わったのだから、ますます傲慢になるのは明らかだ。

 側近の一人、林秀卿(イム・スギョン)議員は、1989年7月に平壌(ピョンヤン)で開かれた世界青年学生祭典に、ベルリン経由で参加した女性で、「統一の花」と呼ばれた。帰国後、国家保安法違反で有罪となり服役したが、やがて恩赦により釈放され、2012年4月の国会議員選挙で民主党の比例候補に立ち当選した。

 その年の6月、ソウルの飲食店で、林氏と脱北者の大学生が出くわし口論になった。口論の模様は録音されていて朝鮮日報(12年6月4日より)が記事にした。その一部を紹介しよう。

 「どこの馬の骨か分からない脱北者のガキが転がり込んできて」「この犬野郎。何も知らない脱北者のガキが大韓民国の国会議員に言い掛かりをつけるのか。大韓民国に来たなら黙って静かにしていろ」「この変節者のガキ。身の回りには、くれぐれも注意しろ」

 これが、「統一の花」の“お言葉”だ。わが心の祖国=北朝鮮を裏切った人間への敵意、そして、大韓民国の国会議員様の傲慢さがあふれ出ている“お言葉”だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう