記事詳細

「安倍一強」に地殻変動、連立与党間に“深い亀裂” 首相手腕問われる時 山口敬之氏が特別寄稿 (1/2ページ)

 安倍晋三首相は4月18日夜、東京・赤坂の日本料理店を訪れ、経済人との席に向かおうとしたところ、見慣れた面々が目に入った。小泉純一郎元首相と、山崎拓元副総裁、武部勤元幹事長、二階俊博幹事長、東京都の小池百合子知事だった。

 小泉氏に「よう!」と声をかけられた安倍首相は席に立ち寄った。ひとしきり軽口を飛ばした後、都議選(7月2日投開票)を念頭に言った。

 「小池さんと自民党が全面対決するような話でもないよね」

 安倍首相の軽妙な語り口で、ジャブの応酬は大人の雰囲気で進んだ。空気が一変したのは、ある幹事長経験者が次のように言ったときだった。

 「1年後も『小池ブーム』に衰えがなかったら、知事は国政に打って出るべきだ」

 小泉氏が異を唱えた。

 「いや、そうじゃない。都知事の4年の任期をしっかり務め上げるべきだよ」

 他の幹事長経験者も小泉氏に賛同した。小池氏は苦々しい笑顔を浮かべて黙っていたという。

 「外交の年」と評される2017年だが、都議選は内政の重要な節目となる。政界関係者が注目するのは、小池氏が国政への色気を明確に否定しないことだ。

 期待を隠さないのが、公明党だ。自民党都連との関係を断ち切って、小池陣営との連携に舵を切った。ジリ貧の民進党も、小池氏に秋波を送り続けている。

 一方、自民党や官邸には、小池氏に批判的な勢力が少なくない。都知事選出馬の経緯や、東京五輪の会場問題に加え、決断を先送りしている豊洲新市場への移転問題では、「政治目的達成のため、税金を無駄遣いしている」という批判まで上がっている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう