記事詳細

シリア空爆はトランプ氏が世界の悪役どもへ送ったメッセージだぜ 自ら示した「有能な大統領」の存在 (1/2ページ)

 ハ~イ! みなさん。

 米軍によるシリア攻撃が、世界の注目を集めているぜ。これはシリアが猛毒サリンとされる化学兵器を空爆に使用して、女性や子供を含む、多くの一般市民が犠牲となったことへの報復攻撃だ。

 シリアの空軍基地のダメージの大きさよりも、世界中の悪役どもへ、ドナルド・トランプ米大統領が送ったメッセージの方が重要なんだ。

 第1は、世界に向けた宣言だ。攻撃が、トランプ氏と中国の習近平国家主席による、米中首脳会談の夕食会の最中に行われたことが大きい。これは、「新しい保安官が来たぜ。中国に好き勝手させない」「格好ばかりで中身は空っぽのオバマ前大統領はもういない。有言実行の米大統領が着任したぜ」という通告だ。

 第2は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長への最終警告だ。異常な振る舞いに対して、「米国や日本、韓国への脅迫行為をやめろ」「レッドラインを越えたら、米国は素早く軍事行動をやるぞ」というメッセージだな。

 第3は、北京の共産主義者への恫喝(どうかつ)だ。トランプ氏は、シリア攻撃への習氏の「理解」を取り付けただけでなく、「中国が北朝鮮の暴走を止めないなら、米国だけで(北朝鮮退治を)やるぜ」「米軍の先制攻撃を黙認しろ」と迫ったとされる。

 もし、中国が北朝鮮の後見国として責任ある行動を取らなければ、米国は日本と韓国に「核武装」を迫らざるを得ないかもな。それは北京の共産主義者が最も恐れていることじゃないのか。

 加えて、米中間では今後、貿易や為替操作、北朝鮮、東・南シナ海など、さまざまな問題が話し合われるが、トランプ氏の発言は「確実に行動に裏付けられるぞ」という意味もあるぜ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう