記事詳細

朝日新聞英文サイトに違和感 性奴隷や強制連行思わせる表現、誤解生むから監視するぜ (1/2ページ)

 ハ~イ! みなさん。

 日本の新聞社の英字サイトを先日読んでいて、俺は強い違和感を覚えたんだ。この新聞社は一昨年8月、慰安婦問題の大誤報を認めて、過去の記事を取り消し、しばらくして社長が謝罪した、あの朝日新聞だ。

 10月27日と11月2日の記事だが、前者は、韓国政府が、日本との防衛秘密を交換する際の手続きを定めた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結する方針を固めたことを報じていた。後者は、12月に東京開催で調整している日中韓首脳会談が開かれるか、どうかという内容だ。

 日米、米韓間には、それぞれ軍事情報を共有できる枠組みがあるが、日韓間にはない。日韓GSOMIAが締結されれば、北朝鮮の核・ミサイルへの対処能力向上が期待できるという。

 前者の記事では、《日韓両国が(昨年)12月、慰安婦問題の合意をして(協定締結の)機運が高まった》《(慰安婦は)第2次世界大戦の前から戦中にかけて、強制的に日本軍の性行為の相手をさせられた》《朴槿恵(パク・クネ)大統領は、日本政府の資金で、生き抜いた(生き残っている)女性たちのために基金を創設することに合意した》とあったぜ。

 日中韓首脳会談は、2008年から各国の持ち回り開催となり、日本で開かれれば今回で3回目となる。昨年は11月にソウルで実施されたんだ。

 後者の記事でも、慰安婦問題に触れられており、前者の記事とまったく同じ、《(慰安婦は)第2次世界大戦の前から戦中にかけて、強制的に日本軍の性行為の相手をさせられた》というフレーズが使われていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう