ぴいぷる

【宮澤エマ】飾らず追う祖父・宮澤喜一元首相の背中「負けないぐらい濃い芸歴、人生を歩む」 (1/3ページ)

2017.03.24

宮澤エマ
宮澤エマ【拡大】

  • <p>フィービー役の衣装をつけた宮澤エマ</p>

 とにかくセレブさがハンパじゃない。母方の祖父が宮澤喜一元首相で、米国人の父は元駐日代理大使のクリストファー・ラフルアー氏。日本のインターナショナルスクールを卒業した後、米国と英国の大学で宗教学を学んだ。そんな才色兼備のお嬢さまがどうして、日本の芸能界に?

 「小さいころから歌うことやお芝居が大好きで、シャイな子だったんですけど、学芸会に出たり、演劇部に入ったりしていました。ただ、大学には行きたかったし、日本だけでなく英米の教育や生活にも触れたかった。でも、卒業して日本に戻ってきたとき、やっぱり歌やお芝居がしたいって、気持ちが強くなったんです。ニューヨークに住む父方の祖母が女優になりたかったそうで、宮澤家というよりラフルアー家の血が私に強く出たのかな」

 縁あって芸能事務所に所属したが、当初はバラエティー番組への出演が続いた。「祖父の知名度があって、先に名前を覚えてもらおうということだったと思います」

 そんなとき、人気演出家の宮本亜門氏の勧めでミュージカルのオーディションを受けることになり、「メリリー・ウィー・ロール・アロング〜それでも僕らは前へ進む〜」(スティーブン・ソンドハイム作詞・作曲)への出演を勝ち取る。

 「ミュージカルはニューヨークの祖母がよく、ブロードウェーの劇場に連れて行ってくれましたが、見るものだと思っていました。歌は学生時代に合唱をしていたのと、個人的にボイスレッスンは続けていましたが」

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。