ライフの連載

ドクター和のニッポン臨終図巻
ドクター和のニッポン臨終図巻

コラムニスト・勝谷誠彦さん 「死ぬなんて馬鹿だ」大勢の人が葬儀で泣き…

 私は、痛みや苦しみの少ない最期、「平穏死」を謳(うた)い続けている町医者ですが、それと人の生き方はまったく別の話です。時に過激すぎたり、時に狂気であったりと、どうやっても平穏には生きられない人に、憧れや抗(あらが)えない魅力を感じてしまうのも事実です。【記事を読む】