記事詳細

【中原英臣 あの医療情報ウソ?ホント!】98カ国コロナ対応ランク、自画自賛した日本は45位 リーダーの適切な指導が重要 (1/2ページ)

 1月28日にオーストラリアのシンクタンクであるローウィー研究所が、世界の98カ国と地域の新型コロナウイルスの流行に対して、どの程度うまく対応してきたかについて数値化した結果をランキングにして発表しました。

 今回の調査は各国が公表したデータから感染者数、死亡数、さらに人口100万人当たりの感染者数と死亡数、PCR検査数、PCR検査の陽性率といった6項目をチェックしたものです。

 その結果をみると、トップはニュージーランド、2位はベトナム、3位は台湾で、そのあとにタイ、キプロスと続いています。アジアと太平洋の国と地域がトップ10のうち6つを占めました。

 感染者数と死亡数がもっとも多いアメリカは94位、ヨーロッパでもっとも死亡数が多いイギリスは66位で、最下位はブラジルでした。ちなみに新型コロナウイルスが発生したといわれる中国は公表されたデータが少ないために調査の対象になっていません。

関連ニュース