記事詳細

つらい膝の痛み解消!話題の幹細胞治療による再生医療 BTRアーツ銀座クリニック・市橋正光院長に聞く (1/2ページ)

 加齢とともに膝の痛みは深刻になる。BTRアーツ銀座クリニックでは、2017年に変形性膝関節症治療の認可を得て現在までに数多くの治療を行い、多くの方が膝の痛みから解放され歩行も楽になったという。いま注目の幹細胞治療による再生医療について、患者の声とともに同クリニックの市橋正光院長に聞く。

 近年注目を集める再生医療だが、BTRアーツ銀座クリニックが変形性膝関節症で行う幹細胞治療もその効果が期待されている。幹細胞治療で膝の痛みが改善するメカニズムについて、市橋院長はこう説明する。

 「患者さん自身の皮下脂肪組織から分離した幹細胞を院内の専用施設で培養し患者さんの膝関節内に注射します。幹細胞は損傷を受けた軟骨を再生すると期待されますが、それだけではなく周囲の細胞に働きかけて組織の活性化を促すので、炎症が抑えられ痛みが取り除かれます。患者自身の細胞なので、安全性が極めて高い点もとても重要です」

 同クリニックで変形性膝関節症を治療した患者の喜びの声を紹介しよう。60代男性のCさんは重いものを運ぶ仕事をしており、10年ほど前から膝に痛みが出てきた。月に1、2回ヒアルロン酸注射を受けていたが、1カ月注射をしないでいると痛みが強くなってくる。階段の下りのときに特に痛み、また同じ姿勢を維持していると痛みが増してくる。

関連ニュース