記事詳細

【医療 新世紀】がん教育、講師不足が課題 全がん連が自ら養成へオンライン授業も視野 (1/2ページ)

 がんに関する正しい情報や命の大切さを子供たちが学べるよう、がん対策推進基本計画に基づいて始まった「がん教育」。文部科学省は、教員による授業だけでなく、がん患者や家族、遺族ら当事者や、医療者による授業を取り入れるよう勧めている。しかし、問題は、そうした講師の不足だ。全国がん患者団体連合会(全がん連)は、インターネットを使って自ら講師育成に乗り出した。

 ▽学ぶべきテーマ

 「がんになったとき『もう終わった。親より先に死ぬのか』と思いました」。茨城がん体験談スピーカーバンク代表の志賀俊彦さん(44)は9月、中学生約110人に語り掛けた。

 「でもへこんでばかりいられない。『死にたくない、ではどうすればいいのか』と思い、自分の体に何が起きているのか調べ始めました」

 志賀さんは25歳で進行した肝臓がんと診断された。手術や抗がん剤治療で1度は良くなったが、再発。授業では再発のショックや「1度きりの人生なので、やりたいことをやろうと決心した」ことなど率直な気持ちを笑顔で話した。

 がんの経験者や家族、遺族が自分の経験や気持ちを伝えることは簡単ではない。全がん連のネット講座(eラーニング)では、がんに関する統計や、がんができる仕組み、基本的な治療の流れ、外部講師としてがん教育に求められるポイントなど八つのテーマで学ぶ。

 ▽マッチング

 例えば、感情の赴くままに話すと、誤った情報を与えたり、不安にしたりする恐れがある。子供自身や家族が治療中だったり、身近な人をがんで亡くしたりした場合もある。

 こうした講師としての知識を得て、テストに合格した場合、希望すれば修了者として全がん連のサイトで公表する。リスト公表は、依頼したい学校と講師のマッチングを図る。これまでに計約300人の患者や家族、遺族が登録されている。

関連ニュース