記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】口から全身を覗いて、必要なアドバイス 大阪大学歯学部附属病院予防歯科診療科長・教授、天野敦雄さん (1/2ページ)

 「予測歯科」という言葉をご存じだろうか。口の中に病気や歯のトラブルを招かないために医療介入をするのは「予防歯科」。その発展形態として注目されるのが「予測歯科」だ。

 この考え方を提唱し、学問としての確立に向けて取り組んでいるのが、大阪大学大学院歯学研究科の天野敦雄教授。予測歯科について解説してもらった。

 「たとえば、乳がんの一部に遺伝子から将来の発病が予測できる病気がある。これと同じように、口の中に棲息する細菌のデータから、その人が将来起こし得る口腔疾患のリスク判定するのが予測歯科。その人に合ったオーラルケアを実践することで、予防の精度を高められるのです」

 口の健康は全身の健康に直結する。健康長寿を実現する上で、オーラルケアは不可欠だ。そこに占める予測歯科のウエートは大きい。

 「口から全身を覗いて、必要なアドバイスをするのが我々の仕事」と語る天野教授。その診療姿勢は、サービス精神にあふれている。

 「患者さんは褒めて伸ばす。若い歯科医師にはメリハリをつけた指導。これが私のモットーです」と語るが、若い頃には苦労もした。歯科衛生士学校の授業を受け持ったとき、誰も自分の話を聞いてくれないことにショックを受けた。

 「私は大阪出身じゃないので話が面白くなかったんですね。話術を身に付けるために吉本新喜劇を観て勉強しましたよ(笑)」

関連ニュース