記事詳細

【銭湯 湯悠散歩】コンセプトは“渋谷CROSSING” 東京・渋谷「改良湯」

 1916(大正5)年創業の老舗銭湯。2018(平成30)年に大々的にリニューアル。“恵比寿鯨祭”が開催される地であることもあり、外壁には荘大で力強い鯨が描かれている。

 コンセプトは“渋谷CROSSING”。同銭湯が、多種多様な人と文化が集まる場所となるようにという思いが込められている。設計は銭湯建築家としても有名な今井健太郎氏。リゾート施設のようなスタイリッシュな空間となった。浴室の背景画は“渋谷の今と昔”がテーマ。

 水は長年、井戸水を使用していたが軟水に変えた。ミネラル分が豊富な軟水は、刺激が少なく敏感肌や乾燥肌の人にも安心。せっけんやシャンプーの泡立ちが良く、髪や肌もしっとりすると大好評。さらに、炭酸泉も導入。一般浴よりも高い血流促進効果が期待できる。

 また、遠赤外線サウナ(別途350円)も一新。サウナの2段目の奥行きを深くすることで、ゆったりと足が伸ばせる仕組みに変え、男湯側は100℃、女湯側92℃に設定。サウナの室内には洋楽が流れ、心身ともに整うとサウナーに根強い人気だ。

 ■東京都渋谷区東2の19の9 03・3400・5782 JRほか渋谷駅新南口から徒歩13分。営業13~24(日祝~23)。土休。料金470円(16歳以上)。

関連ニュース