記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】味つけが実に優しいスーパー名店の蒸し鶏 「福島屋ハム工房無添加蒸し鶏」 (1/2ページ)

★絶品必食編

 前回紹介した虎ノ門ヒルズ(東京都港区)と言えば、名店ぞろいの3F「虎ノ門横丁」が各メディアで話題になっている。

 だが、行き逃してはならないのは、B1Fの飲食・物販フロアも同じ。ここにも玄人好みの店舗が入っている。

 中でも食いしん坊が両手を挙げて喜んだのが、東京都羽村市に本店を置くスーパーの「福島屋」が入ったことだ。

 店のコンセプトは「まっとうな日々の食事のあり方を伝えていく食のセレクトマーケット」。厳選仕入れと、徹底した成分表示で地元の羽村市民はもちろん、港区はじめ都心の食セレブリティからも絶大な信頼を寄せられている。

 肉、魚、惣菜から自社製クッキーまで言及したいアイテムは山ほどあるが、今回は自社ブランドの「福島屋ハム工房無添加蒸し鶏」を紹介しておきたい。

 商品カテゴリーとしては、コンビニ等で言うところの「サラダチキン」。

 鶏むね肉に下味をつけて、低めの温度で時間をかけて加熱したものだ。

 もちろんコンビニのものもよくできているが、中高年にとっては少々味つけが濃い印象もある。

 対して福島屋の蒸し鶏は、味つけが実に優しい。おかずとしてひと味プラスしたり、量を食べ進んだ先にちょうどよく感じられる、体にうれしい味つけなのだ。

関連ニュース