記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】インプラントに対する社会的評価の“ゆがみ”を正す 東京歯科大学口腔インプラント学講座主任教授・矢島安朝さん (1/2ページ)

 「歯科大教授が明かす 本当に聞きたい! インプラントの話』(角川SSC新書)という本がある。著者は東京歯科大学教授の矢島安朝歯科医師。単なるインプラント治療の有効性を語る解説本ではなく、この治療をめぐる社会問題とその原因までを、詳細かつ平易な文章で解き明かしている。上梓の経緯をこう語る。

 「インプラント治療に対して、多くの国民が不安を感じている。それを解消するには歯科医師のレベルアップはもちろん、歯科医療に対する患者自身のリテラシーの向上が重要。その一助にしたかった」

 歯科医師になってから20年間を口腔外科で過ごし、その後はインプラント治療の技術発展に尽力してきた。現在は外来診療と教育はもちろん、関連学会の役員としてインプラント治療の発展のために奔走する毎日。

 その中には東京地裁の「歯科カンファレンス鑑定」という、一般には聞き慣れない仕事もある。

関連ニュース