記事詳細

【薬ものがたり】不快な「腹部膨満感」にいつでも対処できる! 「ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル」(ビオフェルミン製薬)

 長時間のデスクワークなどが重なったときに、お腹が張って不快に感じる人がいる。そんな腹部膨満感に悩む人に注目されているのが、2018年10月に発売された「ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル」(第3類医薬品)。2種類の乳酸菌と、腸内で発生したガスの気泡をつぶすジメチルポリシロキサン、腸の働きを整える生薬のケツメイシを配合し、水なしで飲めるヨーグルト風味のチュアブルタイプというのが特長だ。

 「腹部膨満感の主な原因は、腸の中のガスです。そのガスの元になっているのが、口から飲み込んだ空気や、腸内フローラ(腸内に数多くいる腸内細菌)の乱れです。生活習慣の乱れによって男女問わずに悩まれている方がいるため、いつでも不快な症状に対処できるように、すぐに飲める薬を開発しました」(ビオフェルミン製薬)

 口から飲み込む空気は、ストレスや会話しながらの食事などで増える。時間のないランチで、よくかまずに飲み込むと空気も一緒にお腹の中へ。気がつけばお腹が張って苦しいといったことにつながる。食後などに長時間の会議で座り続けるようなときには、症状がひどくなることも。そんな悩みに対応すべく、いつもでもどこでも服用できる「ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル」を開発したという。

 「加齢とともに腸の動きが悪くなることも、腹部膨満感を後押しします。お腹の調子を整えるためにご活用いただければと思います」と担当者。

関連ニュース