記事詳細

【雇用延長時代を生きる健康術】全く異なる部位だけど…「噛む行為」と「手の力」の連動、脳の同じ領域で指令や制御 「脳活」にも役立つ可能性 (1/2ページ)

 ゴルフのショットを打つときなどに歯をぐっと噛みしめると、より手に力が入るのをご存じかもしれない。アスリートの場合は、特殊なマウスピースを装着して歯を食いしばると身体のパフォーマンスが上がるという。こうした手の力と噛む行為の連動が脳の同じ活動領域であることが分かった。

 東京医科歯科大学顎顔面矯正学分野の森山啓司教授らが、国立精神・神経医療研究センター・神経研究所の本田学研究部長らと共同研究した成果を先月発表した。

 研究のグループリーダー、東京医科歯科大同分野の宮本順助教が説明する。

 「手はグリップを握る、指先で小さなモノをつかむなど複雑な動きをします。口も奥歯で力強く噛む一方、前歯でだし巻き卵をそっと噛むような複雑な動きがあります。この動きに、脳がどのように関わっているかを調べました」

 (1)物を力強く握ったときの脳の活動領域と、(2)指先で物をつまむときなどの繊細な力加減を有するときの脳の活動領域は異なる。

 今回の研究では、奥歯で物をしっかり噛んだときに、小脳をはじめとした運動の命令を送る領域の脳が活性化し、(1)の脳の動きと一致した。前歯でそっとかんだときは(2)と一致。つまり、噛む運動と手の動きでは、全く異なる部位を動かしているのに、脳の同じ領域での指令や制御が行われていた。奥歯でグッと噛みしめたり前歯でそっと噛むことでも、さまざまな脳の部位が活性化することが示唆されたのだ。「脳活」にも役立つ可能性がある。

 「一般的に、食べ物をよく噛むと脳が刺激されるといわれます。前歯で食べ物を噛み切り、奥歯でしっかり噛むと、脳の(1)(2)の広い領域が働くことが、今回の研究で改めて立証されました」

関連ニュース