記事詳細

【鎮目博道の顔ハメひとり旅】こんな場所に穴…まさに「バックボーンキラー」 “子供向け”顔パネルに無理矢理ハメてみる (1/2ページ)

 「バックボーンキラー」と勝手に名付けているのですが、たまに、「こんな場所にある穴に顔をハメようとしたら、背骨が折れるわいっ」という謎の顔ハメパネルがあります。

 穴の位置が下すぎて、一体これはなんの嫌がらせなのか…それともなんの修行なのか…考え込んでしまうのです。

 普通ならそれで顔をハメるのをやめるのでしょうが、僕には顔ハメ愛好家としての意地があります。無理やりハメてやる! と頑張ってみたのが今回の写真です。残念な結果になってしまっていますね。

 西武豊島園駅の近くで見かけたパネル。最初は「犬小屋?」と思ったのですが、お店の中を覗いてみると幼児服を売っていましたから、小さい子供向けの立体顔ハメパネルなのです。最近結構小さい子向けのパネルというのは多くて、ショッピングセンターとかに行くとよく見かけます。

 っていうかそもそも大の大人向けに顔ハメパネルが作られているのか? という根本的な疑問もありますが、「人生とは」「幸福とは」みたいな話になってくるので、そこは見て見ぬふりをさせてください(笑)。

関連ニュース