記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】作り置きしたら「しょっぱい」の刑!? 「ベーコン春雨炒め」 (1/2ページ)

 皆さん、いかがお過ごしですか? 青島美幸です。

 今日ご紹介するのは、「ベーコン春雨炒め」。しょっぱそうですかね? 見た目がしょっぱそうでもしょっぱくないのが「江戸の味」というものらしいですよ。

 たまに「江戸の味」なんて書いてある看板に引かれて、お店に入って店自慢を注文してみると驚異的なしょっぱさにビックリすることがあります。

 江戸料理は色が濃いので、味も濃いめと思われてしまっているのでしょうか?

 でも、基本的に江戸っ子は、しょっぱがり屋みたいです。

 しょっぱいと言って思い出すのが六本木にあったタイ料理屋さんで食べた「ヤムウンセン」。

 「ウンセン」というのは春雨のことらしいのですが、私がおいしいと思える「ヤムウンセン」は、ゆでたての春雨に玉ねぎ・ひき肉・イカ・エビ・パクチー・キクラゲなどをナンプラーベースにしたドレッシングでサクサクッとあえたもの。

 これがタイ料理の前菜の定番ですが運悪く私が注文した「ヤムウンセン」、これがしょっぱいのしょっぱくないのって、まるで拷問にあったよう。

 理由を探るつもりで店員さんに「これって、すっごくしょっぱいんですけどぉ~」というと「しょっぱいですか? いつもと変わらないヤムウンセンなんですが、うちはこの作り方でマリネにしているので通常通りです」と平然と言うので、「だったらあんた、今これを食べてみなはれッ」と心で叫びながら、「それにしてもしょっぱいんですゥ」と食い下がると、「当店は作り置きをするので、多少しょっぱく感じるかもしれないですねぇ~」。

 ムムッ、「マリネ? 作り置き?」。

 なぁ~るほどぉ~、春雨を作り置きにしたら春雨が塩分をキューキューッと吸い上げてしまうからそりゃしょっぱくなるわけだぁ~って妙に納得。

 このことが教訓となって、それ以来、どのタイ料理屋さんに入ってもお料理を注文する際には必ず「しょっぱくしないでくださいッ」と強くお願いするようになりましたんです、はい。

関連ニュース